前世戦士の映画日誌

前世が戦士らしい女が映画を観て色々吐き出します 生態日誌です

映画

『パピヨン』スターについて経理の課長に言いたかったこと

新入社員の頃、飲み会で経理の課長から声をかけられたことがありまして。課長は映画が好きだそうで、私の趣味が映画鑑賞と知って、話してみたくなったらしい。 「しのぶさん、映画が好きなんだって?」「はい」「じゃあ、映画スターにとって、何が一番大事だ…

アメブロ更新:クリスマスの凄さの話

アメブロを更新しました。 元々は、この映画ブログの更新お知らせを書いてただけだったんですが、気づけばクリスマスについての雑な考察を始めてしまい、完全に別物になってしまいました……。 気が向きましたら読んでみてください。 ameblo.jp

『クリスマス・キャロル(1970年版)』毎年同じ日に映画を観るということ(ネタバレあり)

基本、他殺体のある映画ばかり観ている私ですが、ここ10年ほどは、毎年クリスマス・イヴにこの『クリスマス・キャロル(1970年版)』を観る習慣がありまして。 なぜこれかと言うと、もともとディケンズの原作が好きってのもありますが、とにかく歌が良いんで…

『エスケープ・フロム・L.A.』今日、一人の男が死んだと知った(ネタバレあり)

本当は別の映画について書いていたのだけど、今、急遽これを書いている。今日、訃報が届いたから。そしてこの映画が観たくなったから。 我が最愛のジョン・カーペンター監督が生み出した、カート・ラッセル扮するスネークというキャラクターがいる。『ニュー…

『ジェームズ・キャメロンのSF映画術』神のような狂人たちの集い

前回、最近ジェームズ・キャメロンのことを考えている、と書いてましたが、そのきっかけがこれ。『ジェームズ・キャメロンのSF映画術』。 キャメロンとゲストとの対談を中心に、映画監督や俳優、スタッフやライター、学者等々、SFに関わる人々が語る番組で、…

『タイタニック』ディカプリオのことは見なかったことにした(ネタバレあり)

実は、嫌いだったんですよ、『タイタニック』。上流階級の美女と貧乏画家の美男が、豪華客船で恋に落ちて、その客船が沈没して男は女を守って死んだって話に、ときめくかって言われても、「いや、ときめかない」としか答えようがない。パニック映画としては…

『グラディエーター』死んで欲しけりゃこんな上司であってくれ

いいですよねえ、この映画。主人公マキシマスが、戦いの前にこう言うの。 「共に闘えば生き残れる。いいな?」 一度でいいから、こんなこと言ってくれて、なおかつ、本当に生き残らせてくれる上司の下で働きたい。 「ブレードランナー」の巨匠リドリー・スコ…

『オールド・ガード』シャーリーズ・セロンに好きにされたい (ネタバレあり)

今回、セロン愛が凄すぎて、1万字以上のとっ散らかった文章を、1800字程度まで切り詰めるのに5日かかりました。このブログ、「引用除いた本文1500字程度」を縛りにしてるんですが、削っては書いてを繰り返し、もうこのままだと映画同様終わりがないので、諦…

『ハート・ロッカー』を観たくて仕方がない理由(ネタバレあり)

最近、とにかく『ハート・ロッカー』が観たくて観たくて仕方がない。 なのに、CATV放送を録画したはずのディスクは見当たらず、Amazon primeでは配信が終わっていて、悩んだ末に禁断のNetflixに入会したけど、ここにもない(後悔はしてないが)。 とうに退会…

私はショーン・コネリーになりたかった

前回の記事をアップした後、ふと部屋の壁を観たら、貼っていたショーン・コネリーのポストカードが剥がれて落ちていた。「俺のこと、書かないのか?」という、亡きショーン・コネリーからのメッセージなのだと思う(たぶん違う)。子供の頃は、コネリー版ボ…

『ワイルドバンチ』どん詰まり気分を皆殺しに(ネタバレあり)

今年は本当に仕事が地獄巡り状態なのだけど、それなのに前回書いたとおり、楽しみにしていた『ランボー ラスト・ブラッド』で逆にメンタル崩壊してしまい。その壊れた状態で、この夏、狂ったように何度も観ていたのが『ワイルドバンチ』。1969年の西部劇で、…

『ランボー ラスト・ブラッド』ストレス解消にならないメンタル地雷映画(ネタバレあり)

※この記事は別名義で「note」に投稿した記事の改訂版です。もしあなたが両方読んでる方なら、すんごいご縁ですね、ありがとうございます。 少々前だけど、会社指示の3ヶ月のステイ・ホームが明けた7月のこと。増えるばかりの仕事、報告のためだけの不毛な仕…